内定者インタビュー

金枝 稜くん
(県立浦安高等学校出身)
TISシステムサービス株式会社 内定
採用職種:OP

石合 直紀くん
(県立四街道高等学校出身)
MKIテクノロジーズ株式会社 内定
採用職種:SE・PG

Q) 内定した率直な気持ちを教えてください!

金枝くん
就活前に昨今の就職活動は厳しいと言われていたので、内定を頂けてとても安心できました。 それと共に、専門学校に通った意味を手に出来たと感じることができました。
石合くん
当初は、内定に対して実感が持てず、特に人生の方向性が決まってしまう決断である為、 これで「良いのだろうか」という複雑な気持ちで一杯でした。ですが、内定を頂いたあと、 企業を訪問して「おめでとう!」と言葉をかけて頂けた時に、「嬉しい!」という強い実感を持て、 この会社で頑張って行こうと言う思いが実感と共に沸いて来ました。

Q) どのくらい活動しましたか?

金枝くん
実際に就職活動を行った期間は2カ月ぐらいです。2年次の9月にインターンシップがあったので、 そこに参加することで、企業や就職後の雰囲気をつかむことが出来ました。 就職活動中は色々な企業を見ることができたので、とても楽しい2カ月間でした。
石合くん
第一希望にしていた企業の募集が始まるまでゆっくりと実力を高めるように活動をしました。 私にとっては学外で活動できること自体が新鮮で、1社1社大切に回って行った所、 現在の会社に出会うことが出来ました。 じっくりと企業研究に時間を費やしながら行った為、業界や企業の魅力に気づくことが出来たのではないかと思います。

Q) 一番役に立った授業はなんですか?

金枝くん
就職という意味では、江川先生の就職講座が役に立ちました。 特に先輩の失敗談を通じ、自分はどう動こうかと悩める時間を取って頂けたことは大きかったです。
石合くん
髙橋先生のビジネス実務の授業はためになりました。 普段自分たちが持っている常識と、社会での常識の差を学ぶことが出来、 ビジネスマンとしてのマナーや姿勢を身につけることが出来たと感じています。 技術面という意味では、Linuxのサーバー構築の授業は実機の操作が中心でしたので、ためになったと感じています。

Q) 就職活動での支援やフォローでありがたかったことは何ですか?

金枝くん
就職指導室の先生方より、志望動機の表現の仕方や自己PRのまとめ方など、 どう活動すれば良いのか、というノウハウを頂けたことです。
石合くん
担任の先生がいつも相談に乗ってくれていたことです。 特に私の場合は、進路に対してとても悩んでいました。そんな私を呼び止め、 こちらの状況に合わせて話を聞いて頂き、気持ちの整理をさせて貰えたので、とても助かりました。

Q) 就職活動で一番気をつけていたことは何ですか?

金枝くん
言葉づかいです。
石合くん
身だしなみです。特に第一印象が重要だなと感じました。

Q) 就職活動を通じて成長できたことはありますか?

金枝くん
忙しい時ほどモチベーションは上がるんだという実感が持てました。就職活動の時期には資格の勉強もよりはかどりました。
石合くん
就職活動は自分から動かなければ何も始まらないので、社会で通じる行動力が以前より高まったと感じています。

Q) 卒業までに何かやりたいことはありますか?

金枝くん
オラクルマスターのゴールドを取得したいです。あとは学生の自由な身分の間に、海外を見て回りたいです。
石合くん
社会人になってからは出来ない、長期旅行をしてみたいです。あと、自動車免許を取りたいです。

Q) どんなエンジニアになりたいですか?

金枝くん
幅広い分野のエンジニアを目指している身ですので、社会の役に立てるような、そんな人材になりたいと思っています。
石合くん
スペシャリストとして、インフラ・開発問わず、幅広く吸収し、一通り何でも出来る人材になりたいと思います。

Q) 高校生に一言お願いします!

金枝くん
目標を持って、それを失わないことが大事です。 特に、チャンスがあればインターンシップに参加すると良いですよ。 IT企業を知るだけでなく、大学生や他校の専門学生にふれあえるので、得られる刺激が違います。 ぜひチャンスを生かしてください!
石合くん
頑張ってください!この一言に限ります!