内定者インタビュー

上水流 舞さん
(県立船橋啓明高等学校出身)
東亜商事株式会社 内定
採用職種:営業事務

丹野 亜紗美さん
(県立船橋法典高等学校出身)
みよの台薬局グループ 内定
採用職種:医療事務

Q) 内定した率直な気持ちを教えてください!

丹野さん
周りの友達がどんどん内定をもらっていて少し焦っていたので、 とにかく安心しました。
 
 
上水流さん
希望の職種、業界に内定したのでとても嬉しいです。 就職活動を頑張ってよかったと思っています。

Q) どのくらい活動しましたか?

丹野さん
3月は医療事務の勉強をしながら、少しずつ説明会などに 行っていましたが、本格的に活動を始めてから3ヵ月半ぐらいで 内定をいただきました。
 
 
上水流さん
1年生の9月から就職活動を意識し、6社のインターンシップ、 10社の採用試験に行きました。 周りの人よりは、多めに活動していたと思います。

Q) 一番役に立った授業はなんですか?

丹野さん
自己啓発です。自分の性格を見直すことで、就職活動でとても役に立ちました。 自分から動かなければ何も始まらないということがわかり、 自分から動こうと思うようになりました。
 
 
上水流さん
秘書実務です。資格を取得しただけでなく、説明会や面接などでの立ち居振舞いを 意識することが出来ました。就職だけでなく、これから働く上でも大切なことを学べました。

Q) 就職活動を通じて成長できたことはありますか?

丹野さん
自分の言いたいことをしっかりと伝えることが出来るようになったことです。
 
 
上水流さん
今までできなかったことが出来るようになったことです。 例えばメイクです。ほとんどメイクをしていなかったのですが、 メイク講座でプロの方に指導していただいて出来るようになりました。 他にも、高校では遅刻をしていましたが、専門学校では 就職活動で武器にもなるので、皆勤で通えるように頑張りました。

Q) 就職活動で一番気をつけたことは何ですか?

丹野さん
言葉使いです。面接で言葉使いによって印象が悪くなってしまうのは、 もったいないと思ったので、意識しながら話すようにしました。 あとは、緊張すると早口になってしまうので、なるべくゆっくり話すように気をつけました。
 
 
上水流さん
笑顔でいることです。暗い印象を与えないようにするためと、 自分の気持ちを明るくするために心掛けていました。 私はメンタルが強い方ではないので、見た目から変えるよう気をつけていました。

Q) どんな社会人になりたいですか?

丹野さん
患者さんに好かれるような医療事務員になりたいと思っています。 不安な気持ちの患者さんが多いと思うので、常に笑顔で接していきたいです。 そして、薬剤の勉強もし、患者さんが安心して薬を服用できるように 説明できる医療事務員になりたいです。
 
 
上水流さん
事務職として、しっかりと周りの方のサポートをしていきたいと思います。 学校で学習したことを活かして、頼られる事務員になりたいと思います。

Q) 卒業までに何かやりたいことはありますか?

丹野さん
MOSのWordを取得したいです。 Wordは事務の仕事をするなかで、すごく使うと思うので取得したいと思います。
 
 
上水流さん
休日には遊んだり、長期休みは旅行に行ったりしたいです。 それから、今ほど勉強できる時間はなくなってしまうので 先生に聞けるうちにたくさん勉強を教えてもらい、 資格を増やしていきたいと思います。

Q) 高校生に一言お願いします!

丹野さん
資格の勉強など大変だと思いますが、取得できたときはとても嬉しくて、 諦めなくて良かったなと思います。ぜひ、何事にも諦めずにチャレンジして、 学校生活を楽しんでください。
 
 
上水流さん
やりたい仕事が明確に決まっていなかった私が、やりたいことを 見つけることが出来ました。先生が親身になって、 話しを聞いてくれるのでどんな不安も解消することができました。 ビジネスライセンス科は、幅広く勉強するので職種の選択肢も広がります。 進路で後悔しないように、しっかりと学校選びをしてください。