内定者インタビュー

岩澤 里紗さん
(県立京葉高等学校出身)
株式会社サクラ 内定
採用職種:システムエンジニア

安齋 裕樹くん
(私立星槎国際高等学校出身)
株式会社システムサポート 内定
採用職種:システムエンジニア

Q) 内定した率直な気持ちを教えてください!

安齋くん
とりあえず内定を取れて良かったです。 就職活動で初めて訪問した会社であり、第一志望でもあったので、嬉しいです!
 
 
岩澤さん
安心しました!
始めは就職活動が無事終わるか不安でしたが、1年生の冬から始まった就職講座や 会社訪問を経験して、徐々に不安は無くなっていきました。

Q) どのくらい活動しましたか?

安齋くん
インターンシップも含めて30社程活動しました。
 
 
岩澤さん
1年生の2月頃から始めて、15社くらいです。

Q) 一番役に立った授業はなんですか?

安齋くん
授業では無いですが、先生との面接練習です。特に自分の経歴の説明については、 分かりやすい伝え方のアドバイスをもらいました。 どの会社の面接でも聞かれたので、助かりました。
 
 
岩澤さん
自己啓発の授業です。
  高校時代は消極的でマイナス思考でしたが、プラスに考えられるようになり、 自分から周りに対して積極的になりました。 面接では自分の言いたいことが伝えられるようにもなりました。

Q) 就職活動での支援やフォローでありがたかったことは何ですか?

安齋くん
細かい相談にも先生が親切に1つ1つ対応してくれることです。 メールの出し方や履歴書の書き方など細かいことを1つ1つ聞けて、 アドバイスを頂けました。おかげで就職活動中に出た多くの疑問を 全て解消することが出来ました。
 
 
岩澤さん
先生を相手にした面接練習です。個人・集団とそれぞれあり、 先生から「岩澤さんは焦ると言葉遣いが乱れてしまう」と アドバイスを頂き、それがきっかけで自分の言葉遣いを振り返ることが 出来るようになりました。

Q) 就職活動で一番気を付けていたことは何ですか?

安齋くん
会社訪問では、フォーマルな場所なので、身だしなみはもちろん、 態度や口調、振る舞い1つ1つに対して気をつけました。
 
 
岩澤さん
言葉遣いや笑顔を絶やさないことです。 面接試験を受けた会社の方からは、「岩澤さんの笑顔は素敵だね」と褒められました。

Q) 就職活動を通じて成長できたことはありますか?

安齋くん
業界や仕事の内容、職種に対する理解を深めることが出来ました。 特にシステム開発の各工程と職種の結びつきをイメージ出来るようになりました。
 
 
岩澤さん
自分の考え方が変わったと思います。 元々、明るい方でしたが、自信を持って長所と言えるくらい明るく積極的になれました。

Q) 卒業までに何かやりたいことはありますか?

安齋くん
資格取得もありますが、それ以上に学生の間にしか出来ないことを やりたいと思っています。友達と旅行へ行ったり、車の免許を取ったりしておきたいです。
 
 
岩澤さん
資格を取るのはもちろんですけど、入社する会社の方から、 COBOL言語を使うと聞いたので、自主的にCOBOLを勉強したいと思っています。

Q) どんなシステムエンジニアになりたいですか?

安齋くん
ITスキルと、英語の能力(TOEIC890点)を活かして、 海外で活躍出来るSEになりたいと思っています。
 
 
岩澤さん
ある会社の方が仰っていた、「人が感動するプログラムを作りたい」、 「100%の仕事を仕上げるのは当たり前、100%以上のものを作りたい」 という言葉が強く残っています。私も今の状態に満足せず、 今以上のものを作り上げられるSEになりたいと思います。

Q) 高校生に一言お願いします!

安齋くん
IT業界は、パソコンの知識よりもコミュニケーション力が一番大事だと思います。 ですので、皆で話あって、計画して、何かを完成させたりするのが好きな人は、 SEやPGを目指してみると良いと思います!
 
 
岩澤さん
私自身、最初は焦って、不安もありましたが無事内定を頂くことが出来ました。 就職活動は自分のペースをしっかり作り、取り組むのが大事だと思います。